天気が悪くなると身体が痛くなる

こんにちは!

今日は朝から雨ですね。 天気が悪くなると、ご高齢の方や古傷を持った方の場合、患部が痛くなってしまったりしますよね。

これは完全な科学的裏づけがあるわけではないようですが、気圧が下がると大気中の酸素濃度がうすくなり、そうすると身体が一生懸命酸素を体中に送ろうと血管が拡張し、それが神経を圧迫する・・・ そのような原因が考えられているそうです。

天気の悪い日が続き、気圧の低い日が続けばそれほど症状がでないようですが、高気圧から低気圧へ移るタイミングで身体が痛くなることが多いみたいです。

私も腰痛持ちですが、皆様もお気をつけ下さいね!

藤井

 

IMG_0176

整骨院 ホームページ制作