糖質の使われ方

こんにちは。片岡です。

皆さんは甘いものが好きですか?

甘いものには、糖質が入っています。

その糖質は、体の中で、いろいろな役目をしています。

今日はその一つを紹介します。

糖質というのは、呼吸にも使われます。

呼吸は、酸素を吸って二酸化炭素を吐く事が前提となりますが、ここに糖質が使われます。

では呼吸の仕組みを見てみましょう。

まず息を吸い、体内に酸素を取り込みます。

酸素を取り込んだら肺の肺胞というところへ行きます。

その際、体内に貯蔵してあるグルコース(=糖分)というものが必要になります。

そのグルコースは糖分が細かく分解されたものの事言います。

このグルコースが二酸化炭素へと分解されます。

水は体内に取り込まれるので、二酸化炭素だけ残ります。

この二酸化炭素が体外へと吐き出されます。

これを、解糖系と言います。

なので、酸素を吸った結果、二酸化炭素が不要物として排出されるということになります。

グルコースは、とても体にとって、大事なものになります。

というわけで今日の写真はグルコースの元になるシュークリームです。

とてもおいしくいただきました。

皆様もたまには糖分を取ってください。

しかし、取りすぎには注意して下さい。

S__144015362

 

整骨院 ホームページ制作