足底筋膜炎

こんにちは!仲宗根です^^

 

ここ最近、足の裏の痛みを訴える患者さんが増えてます!

 

先日いらした患者さんは、1か月前に長靴で長時間の立ち仕事がきっかけとなり踵内側の痛みが発生し放ってい置いてもなかなか治らないことからご相談して頂きました。

 

足底筋膜炎は踵の内側から中央にかけての痛みが出ることが多く、外回りのお仕事などで長時間歩行をされる方、立ち仕事の方、ランニングやマラソンなどの競技をされる方など、足を酷使される方に多く発生します。

 

症状としては、歩き出しの痛み(特に朝、座ってから立ち上がりなど)、歩行中の痛み、酷くなると足を着くだけでも痛みを伴ってしまうことも・・・

 

こちらの患者さんは幸い足を引きずるほどの痛みはない状態でしたので、足底筋の筋膜リリースと足の関節の調整を行うことで症状はほとんど無くすことができました!

まだ再発の恐れもあったため、足底筋の負担を軽減させるためのテーピングと自宅での簡単なセルフケアをお伝えし引き続きリハビリしていくことになりました^^

S__87228441

症状により超音波治療器やハイボルテージなども使用していく事で足底筋膜炎の痛みを取ることもできます。

 

足は常に負担を強いられる場所でもありますので、

「痛みがある場合は放っておけば治る」とは思わずにに早めにご相談下さい!!

#足底筋膜炎 #筋膜リリース #関節調整 #テーピング #超音波治療器 #ハイボルテージ #旭区 #二俣川ふれあい接骨院

 

 

整骨院 ホームページ制作