症例報告④寝違え及び肩甲骨の痛み

50代 女性

主訴:右の肩甲間部の痛み。

既往歴:なし

前日の朝から頚部、右肩甲間部に痛みが走り、一日経っても痛みが改善されずに来院。

頚部 ROM不可。熱感(+)

上肢の拇指、腕橈骨筋のリリースで側屈の動き改善。

下肢後脛骨筋リリースにより回旋の動き改善。

頚板状筋、肩甲挙筋のリリースにより前後屈の動き改善。

術後に若干の左肩上部に違和感が出た。

熱感もあったことから、炎症が起きていることが予想できたため患部ではなく、他筋膜を緩めることで対応。

多くが上肢の筋膜を緩めることで改善ができるが、今回は下肢からの影響があることが実証できた一件であった。

術後2回目の来院には痛み及び動きに問題なし。左肩上部の違和感もなくなっていた。

※効果、治療期間には個人差があります

和田

整骨院 ホームページ制作